鍵が開かなくなる原因とは。種類別に症状を確認する

重要なものを失わないように心がけておくべき安全なことは安全です。

そのような安全ですが、内容を取り出そうとするときにキーを開くことができないことになると大きな問題になります。

安全な物を置くときは、物事を守る必要があるので、できるだけ早く鍵を開けたいと思っています。

そのような場合、私はそれを開くために安全なキーオペレーターに頼りますが、合理的なコストでキーを開くのにどれくらいの時間が必要ですか?
それは心配していませんか?

私はあなたが覚えておきたいことを心に留めたいと思います。このコラムでは、業者に金庫の鍵を開くように頼むときの仕事の内容と費用について、分かりやすく説明します。

いつキーを開くべきですか?

私は金庫の扉を開けたいが、金庫の鍵を開けることができない状況に陥ると、金庫のキーロック解除を行う業者は非常に有望な存在である。

業者に鍵を開くように依頼する理由はさまざまです。

例えば、以下のことを挙げることができる。

・私は安全で鍵を失う

・ダイヤルコードまたはテンキータイプのPINを忘れた場合

・送信していてもキーは渡されません

・電子ロックシステムが作動しない場合

このように業者に尋ねる必要がある状況はたくさんあります。

その結果、開いていないキーに苦労して時間を浪費したり、キーを破損して開かなくなったりすることがあります。

このようなリスクについて考えるなら、最初から業者に任せておくほうが良いでしょう。

金庫にはどのような鍵がありますか?

業者に金庫の鍵を開けるように頼むときは、開けていない金庫をロックするためにどのような鍵が使われているかをまず確認しましょう。

キーのアンパック作業はキーの種類によって異なるため、作業に要するコストと時間が大幅に変動します。

コストの見積もりを業者に払うときは、事前に鍵のタイプを通知すれば、円滑に進めることができます。

現在主流になっている金庫のロック方法は次のとおりです。

・シリンダタイプ

キーホールに対応するキーを挿入することで開くことができるキーの一種です。

一般家庭の入り口のキー等にも広く普及しているロッキングシステムであり、構造がシンプルでトラブルも少ないという利点がある。

しかし、鍵を紛失しても鍵を開くことができず、鍵自体の損傷に弱いというのは難しいことです。

・ダイヤルタイプ

パスワードと一致するようにダイヤルを回して開くことができるキーの一種です。

それがいわゆるセーフということを言うならば、このタイプのセーフを想像する人はいないでしょうか?

あなたが挿入するための鍵を必要としないことは有益ですが、あなたのPINを忘れることによってそれを開くことができない多くの問題があります。

また、複数の暗証番号と一致するようにダイヤルを何度も回すことは、その番号がしっかりと入力されていれば分かりません。

入力エラーが発生しやすく、PINを正しく覚えていても正しく開くことができない場合もあります。

・テンキー(プッシュ式)

それは電卓のようなテンキーパッドを使って電子ロックにPINを入力するタイプのキーです。

ダイヤル式よりも数字を入力するほうが簡単で、入力ミスをするのが難しいという利点があります。

しかし、テンキーパッドのキーは電気製品であるため、電池切れ、停電、経年劣化の影響を受けやすいと言われています。

・ICチップカードタイプ

ICチップカードをキーとしたタイプで、列車の定期券としても採用されています。

スマートフォンに搭載されたICチップを鍵として登録できる金庫も市場に出回っています。

数字キーパッドタイプの電子ロックと同様に、電池切れや磁気ノイズの影響を受ける可能性があります。

・生体認証システム

バイオメトリクス認証は、指紋、顔、静脈の形状などの物理的特徴をスキャンすることによって個人を識別するシステムである。

近年、指紋認証を備えたスマートフォンが普及しているが、同じシステムを使用する金庫の数も増えている。

これは、人間のキャラクター自体の一種の鍵です。そのため、鍵を紛失したり、PINを忘れたりして開封するという問題とは関係ありません。

特に静脈認証は偽装するのが非常に難しいため、登録者だけが開くことができる防犯上の利点もあります。

しかし、それはまだ電子システムであるため、停電などのトラブルには弱くなります。

セーフの鍵をどうやって開くのですか?

関連記事

ページの先頭へ